岩手県奥州市のカーフィルム・カーコーティング専門店カーケア・プラスパ

ホリデイ・トレッキング・クラブ

■日本でも大人気

カーラッピングフィルムは自動車にフィルムを貼ってボディカラーを変えるまったく新しい概念のドレスアップサービスです。
カーラッピングは、ヨーロッパ、アメリカでは10年ほど前から行われています。
フィルムラッピング(カーラッピング)で車体色を変えて楽しむ、まったく新しいカーライフの楽しみ方です。
現状の車の色が何色であっても、マット、グロス、カーボン調、ブラッシュ調などを選んでボディカラーをチェンジできるので、毎年、色を変えるオーナーも多くいます。 また、フィルムを貼るので、塗装の保護になり、飛び石などの傷の防止になり、車を買い換えるときはラッピングフィルムを剥がす事で元の状態に簡単に戻すことができます。
愛車を大切にしたいオーナーには大変ご好評をいただいております。



DSC_0206.JPG

3M1080_Scotchprint_Wrap_Film_Series.jpg当店では車両専用のフィルムを使用しておりますが、看板屋さんが使っているスコッチカルフィルム、
ダイノックフィルム、カッテイングシートと何が違うのですか?と言うご質問を多数お受けしますが、看板業者が使っているフィルムと
車両ラッピングで使用しているラッピングフィルムは基本構造は同じですが、大きな違いは看板屋さんの使っているフィルムには
再剥離の機能がありません。剥がす事が非常に難しく、無理に剥がすと大切な塗装を痛めます。
以上のことから、車両専用ラッピングフィルムは再剥離することを前提として製造されておりますが、看板用のフィルムは一度貼り付けたら、
剥がすことを前提に製造されていないので、塗装面に致命的なダメージを与える可能性があります。



3M_Logo_45pt_95x64.gifadj_logo.pnglogo3.pnglogo_HEXIS.jpg


ラッピングフィルムQ&A


【質問1】なぜフィルムなのですか?塗装とどう違うのですか??

車は塗装して色を変えると、改造車、事故車と見なされて、下取り価格がとても下がります。
車輛専用に開発されたラッピングフィルムは剥がす事ができ、フィルムで塗装を保護しています。そのため、何回でも貼り替えが可能で価値を下げる事が少なく、カラーリングチェンジが出来ます。



【質問2】施工中にフィルムをカットする際に車両に傷がつく事はありませんか?以前、ラッピング依頼したらカッターの傷が愛車についていました。

ご安心ください。プラスパではフィルムをカットする際は特にボディーに関係する施工ではカッターを使用してカットする事はありません。ナイフレステープという専用のカットラインでフィルムをカットします。特にフロントスポイラーなどの奥までフィルムを施工する場所では大変緻密な施工の繰り返しで作業が進められます。



質問3】看板屋さんが使っているスコッチカルフィルム、ダイノックフィルム、カッテイングシートと何が違うのですか?

看板業者が使っているフィルムと車両ラッピングで使用しているラッピングフィルムは基本構造は同じですが、大きな違いは看板屋さんの使っているフィルムには再剥離の機能がありません。剥がす事が非常に難しく、無理に剥がすと大切な塗装を痛めます。
目的が違います。重要な点で違います。
1、フィルムの巾、車両専用フィルムはボンネットなどを継ぎ目なく施工するため巾が60インチ1524mmあります。
2、車輛専用フィルムはプロによって剥がす事が出来き、塗装を痛める事がほとんどなく、糊残りがなくきれいな塗装面で保護されています。



質問4】看板用や内装化粧用(3Mダイノックフィルム)などを施工したらどうなりますか?

1年程度の短期間であれば、それほど大きな問題はありませんが、フィルム表面の劣化はそれほどではないですが、接着剤が紫外線や熱(エンジン、太陽光)の影響を受け、剥がれにくくなります。糊が残っても取る方法はありますが、有機溶剤を大量に使用しますので、健康被害や環境汚染の原因になる可能性があります。詳細はご問い合わせください。



【質問5】ラッピングでフィルムに傷がついた場合どうすればよいのですか?

ボディーが損傷がある場合は鈑金塗装でベース塗装を修理してからその部分のスパンだけ継ぎ目なくラッピング施工します。保険適応の修理が可能です。



【質問6】ラッピングされた車のメンテナンスはどうすればよいのですか?

ラッピングされたフィルムによって違います。またラッピングしたフィルムメーカーによっても違いますのでご問合わせください。一般的には非常に楽にメンテナンスできます。



【質問7】ラッピングフィルムの耐久性はどの位あるのですか?

フィルムメーカー、色によって多少差がありますが、3年~12年 剥がす時にきれいに糊が残らないように剥がす事が出来る期間は施工完成時より4年です。仮に糊が残ってもインストーラーが処理しますのでご安心ください。



【質問8】ラッピング完成した車の一部が剥がれてしまう事はあるのでしょうか?

お使いいただいている間にドアミラー、バンパー、ドアハンドルなどが剥がれる事はあります。
メンテナンスしますので、お手数でも当店へお持込ください。ぶつかり傷や故意に剥がされているものでなければ無料にてメンテナンスさせていただきます。



【質問9】完成されたラッピング車輛の洗車の注意点はありますか?

手洗い洗車をお願いします。
回転ブラシの機械式洗車は避けてください。剥がれの原因になります。
特に高圧スチーム洗浄は避けてください。フィルムの接着剤が高温で柔らかくなり、圧力で剥がれの原因になります。



【質問10】ワックスはかけていいでしょうか?

フィルムの種類によって違いますが、カーボンなどの柄が入っているフィルムは白い半練状のワックスを使用しますと拭きとれず、白く雨だれのようになりますので使用しないでください。マット系のフィルムはワックスを使用すると艶がでてしまいます。詳細は当店にご問合わせください。



【質問11】剥がす時はどうすればいいのですか?自分でも剥がせますか?

ドライヤー等で加温する事で粘着剤が柔らかくなり、塗装を痛めることなく自分でも剥がせます。
特に夏の炎天下にで比較的容易に剥がす事が出来きます。冬場の剥離には加温設備が必要になります。



【質問12】ラッピング費用には剥がす費用は含まれていますか?

含まれておりません。
費用は車体サイズによって違いますので、お問い合わせください。
※基本的には弊社でラッピングした車両に限らせて頂きます。